上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回の続きですが、ははのしたいことpart2と3。

みなさんは、クリスピークリームドーナツをご存知でしょうか?
海外が本社のドーナツ屋さんですが、確か4年前ぐらいに日本初上陸ーとテレビでやっていたと思います。
それを見て、どうしてもそのドーナツが食べたくて、4年前東京で並んで買った記憶があります。
そして、私たちが住んでいたころは名古屋になかったのに、引越してすぐにお店ができた(怒)ということで、昨年名古屋に遊びに行ったときに久々に食べました。

そして、先々月久々にテレビでクリスピークリームドーナツの特集をしていて、またどーしても食べたくなってしまったはは。
1年たったら、お店の数が増えているかと期待し、ネットで店舗検索。そしたら、隣県に出来ているじゃありませんか!!!
もう、行く気満々。
お腹が張っているけれど、どうしても食べたくなり、でもやっぱり安静にしておかなければと一旦諦め、やっぱり諦めきれず、の繰り返し。

そしたらある日、

こう 「おさかな みにいきたい。」

のひと言。

じゃあ、お母さんの誕生日にみんなでお出かけするか―、となり、、、。

当初は近所の水族館に、と思ったけれど、こそっと隣県にも水族館があるかと調べたところ、小ぢんまりしているけれど確かにある。しかも近い。ということで、水族館ついでにドーナツを買いに行くこととなりました(笑)
どっちがついでか、、、もちろんドーナツがついでです(笑)


そして、お出かけ当日。
どうせなら、とカーフェリーに乗って出発。1年以上ぶりの乗船にご機嫌なふたり。
P1100570.jpg

いつも、港から眺めるだけだった船に乗れたということで、寝ている人がいるのに大きな声でいっぱいおしゃべりをしていました。寝てた人ごめんね。

船着き場から水族館までは約20分。水族館は予想通り、小さかったですが、3歳のふたりと妊婦にはちょうどいい大きさ。
P1100580.jpg

P1100571.jpg
おおー、おおきい いしぇえびー。

最近毎日のように読んでいた、海の魚の本に載っている魚がいっぱいいて、見たことのないおもしろいものもいっぱいいて、大きなオタリア(アシカの一種)に餌をやり、大満足でした。

ちち 「さぁ、お昼ごはん食べに行こうか?」
せい 「いくー!」
こう 「まだ おさかなみる。」

そして、水槽へ戻る、、、。

はは 「お腹すいたなー。ご飯食べに行こうか?何にしようかなー。」
せい 「なににしようかなー。」
こう 「こうくん まだ おさかなみるもん。」

、、、、、もう12時半ですけど、、、。

こんな感じで、なかなか水族館から出たがらないこうくんをどうにか誘いだし、お昼ごはんへ。

道中。 
こう 「おひるごはんたべてー、またおさかなみてー、、、。」
はは 「お昼ごはんたべたら、次はドーナツ買いに行くんよ。」
こう 「おひるごはんたべてー、どーなつかってー、おさかなみにいってー、、、。」
ちち 「ドーナツ買ったら、もう夜が来るからお寿司食べに行くんよ。」
こう 「おひるごはんたべてー、どーなつかってー、おすしたべてー、おさかなみにいくん?」

ちち、はは 「、、、どんだけ魚が好きなんや、、、。」

はは「今日はもう行けないけど、また船に乗ってお魚見に来ようねー。次は赤ちゃんも一緒に来れるかなー。」

で、何とか事はおさまり、ドーナツを買いに。

ドーナツGETまで、まず駐車場渋滞20分。
お店の行列1時間弱(もちろん、ちち上様が並んでくれました)
やっとこさ買えたころには、もう出なくてはいけない時間。
その場で食べる予定だったはは、がっかり、、、。
ややぐずり気味のふたりをひっぱり、車へ戻って再出発。

車中でドーナツをバクバク食べる、ははとふたり。
またまた渋滞の道を運転するちち。

本当に最近は、ちち上様様です。言葉には出さない(出せよ!)けれど、感謝しております。

そんなこんなで、帰路につき、予約していたお寿司屋さんにも無事時間通りに到着し、美味しいお寿司を食べ、帰りにケーキを買い、我が家へ戻って参りました。
P1100607.jpg
いらっしゃいませー。なにどーなつにしますかー。

P1100589.jpg
ははにとっては、久々にとっても充実した、とーっても楽しい誕生日となりました。
つき合ってくれたみんな、どうもありがとう。


ちなみに、、、

「おすしがたべたい」

と言ったのは、魚好きのこうくんです。
見るのと食べるのは別ものらしい(笑)
Secret

TrackBackURL
→http://twinkero.blog10.fc2.com/tb.php/226-e426a9d0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。