上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
野球帽は、前からかぶっているふたり。
ひとつじゃなぁー、ということで麦わら帽子のようなストローハットなるものを購入いたしました。

かぶり物好きなのは変わってないらしく、今回もめずらしがって、家の中でもかぶってました。

そこで、なんとなく写真を撮ったはは、、、よく見たら、、、

P1080265.jpg右 こう
P1080266.jpg右 こう
P1080267.jpg左 こう

分かる人には分かったことでしょう、、、。

こうちゃん、やられっぱなしです、、、。

別にこういうショットだけ抜き出して載せているわけでなく、カメラに残っている写真すべてです。

いいのか悪いのか、仕方ないと言うべきか。二人いるとどっちかが強くなるのは当たり前で、、、。

うちのふたりは、まだ小さいのでそこまで本格的なやり合いというのはまだありません。まだ、せいちゃんがちょっと強いかな、、、程度。でも、そのうちおおごとになってくるのかもなぁ。と思います。



そうそう、先週末に多胎育児の講演会へ夫婦で出かけてきました。いろいろと参考になる話が聞けてとても良かったのです。
そこで、片方が強くてもう一方がかなり我慢をしているけれど、親は介入すべきか、という質問が出ていました。
どこのうちも同じなんだな、、、と顔を見合わせたちちとははでしたが、講演者(本人が一卵性双生児)の先生は、年齢がある程度いって、親の話が理解でき、きちんと聞けるようになるくらいまでは、親が介入すべきだ、とおっしゃっていました。
いつも自分の思い通りになるのではなく、我慢することを教えることも大事だし、我慢せずに自分の欲求を伝えるということを教えることも大事なんだそうです。

あと、今回の話には関係ないですが、双子の1人がすごいことをした時、(例えばテストで100点取ったとか、スポーツでいい成績を残したとか)、その子をすごく誉めることは、もう1人の手前、なかなかできないけれど、そこはきちんと誉めてあげてください、とおっしゃってました。
そういうことがあると、もう1人は、悔しいと思う反面、自分のことのように嬉しいと感じることがあるんだそうな。
双子って不思議。親には分からない本人たちにしか分からない気持ち、なのかな。

この講演、本当に偶然に公演者の先生の弟さんも会場に来てくださっていました。(二人とも県外、他業種の方)
中年のおじさまツインズは、顔そのものは普通に似てたけれど、仕草がほんとにそっくりでした。

せいちゃんこうちゃん、ふたりも50年後はあんな感じなんだろかー、、、。ふくざつ、、、。
Secret

TrackBackURL
→http://twinkero.blog10.fc2.com/tb.php/139-f1231f0a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。