上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久々更新です。
更新できなかったのは、次があったから、、、。
病気の連鎖です。

嘔吐下痢は前回の記事の後に全快しました。

ところがところが、今度は鼻水がだらーん、、、。
1歳の誕生日前にも、だらーんから始まるひどい風邪にかかって夜中に救急に走りました。なので、たかが鼻水、されど鼻水。早く治してしまわないと、と早くから耳鼻科に行ってましたが、やっぱり風邪をひいてしまいました。

しかも今回は、こうちゃん入院までしてしまいました。気管支炎、気管支喘息発作という病名がついてました。夜間に救急で診てもらい、そのまま入院。土日月の3日間でしたが、こうちゃんにも私、ははにも地獄のような生活でした。夜が、、、。

小児科入院は、どんな状態でもみんな原則として点滴をするらしいです。小さい子は急変することもあるし、体調を自力で安定させるのが難しいからだとかなんとか。
こうちゃんも例にもれず、点滴。小さい手を板と包帯でぐるぐる巻きにされ、自由が利かない左手にイライラ。昼間はどうにかこうにか、いろいろなもので気をまぎらわすことができるけれど、夜はダメ。
毎晩1時間おきぐらいに起きて泣きわめく。抱っこしてベッドの上でうろうろ。手の点滴が気になって気になってしょうがない。ぶんぶん振っても、かみついても取れないそれに、泣く泣く。
ははがそのうち力尽き、抱っこしていられなくなり、寝かすとますます大泣き。当たり前、、、。
最後には、起こして本を読み聞かせ、しばらくたってからまた寝かす、その繰り返し。

1日目の夜は、初めての夜だからしょうがないと諦め、2日目の夜はこんな夜が毎晩続くなんて、ははもこうちゃんも耐えられないと思い、3日目には、せいちゃんもいるし、父親も毎日仕事を休めないので帰らしてくださいと先生に懇願いたしました。

食欲も元気もあることから、家での吸入を条件に3日目には帰ることができました。本当に心から嬉しかったです。(こうちゃんよりもははが、、、)
せいちゃんは、すぐに帰ってくるからと別れたははとこうちゃんに3日も会えなかったけれど、ちちと仲良くやっていたようです。

本当にもう二度と入院することがないよう、願います。願うだけじゃなくて、きちんと予防しなきゃね、父さん。
あと、ははの実家の近くに帰っていたからどうにか乗り越えられたけれど、入院となると手伝ってくれる人がいないと本当にきついと感じました。じいちゃんばあちゃんありがとう。


そんなこんなで今は吸入もしなくてよくなり、やっと二人とも全快です。公園にも遊びに行けるようになりました。
みなさん、ご心配をおかけいたしましたー。
Secret

TrackBackURL
→http://twinkero.blog10.fc2.com/tb.php/118-2d9eea98
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。