上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちょうど1週間前は、2月22日双子の日。ということで、2時22分にカンパイをするイベントが子育て広場でありました。双子はうちとお友達の女の子ツインズの2組でしたが、来ていたみんながお祝いにカンパイをしてくれました。
初めて行った広場には、家にないものがたくさんあって、お友達もいて、ものすごく楽しそうに遊んでました。
予防接種の時期に病気にかかるのが嫌で、倦厭していた子育て広場ですが、もっと早く連れて行ってあげたらよかったかなーと後悔していた2日後、、、

友達が家に遊びに来てくれている最中に、せいちゃん

うぇー   吐いちゃいました。

嘔吐下痢がちまたで流行っているのを知っていたので、即、

あ、広場でもらってきたな、、、と、理解。

初めて広場に行って、即もらってくるとは、、、なんという確率。

こりゃ、みんなにうつってはいかん!!ということで、ゆっくり話もできないまま、みんなに帰ってもらうことになってしまいました。

それから2日後、ははもこうちゃんも何ともないので、乗り切ったか!!と思いきや、ぬか喜び。次の日しっかり発症いたしました。


やっと、ふたりもははも元気になってきたのでブログが更新できました。


、、、、残るは ちち一人。

明日かな、、、。


スポンサーサイト
先日の話の続きです。そう、続きがありました、、、。

ちちが、、、。と言いたいところですが、ちちは、元気元気!
これは、一安心。

しかし、以前の記事を書いた2時間後、こうちゃんが布団で うげっといっちゃいました、、、。

元気になったと思ったのに、、、。子どもって、全快までにかなり時間がかかるみたいで、つらいです。

吐いた後は、夜中なのにちちのi-pone持ってうろちょろと歩き回ってました。


翌日、つまり次の夜は静かに寝てくれるかと思いきや、朝5時前からこうちゃん本気泣き、、、。
抱いても、抱いて歩き回ってもだめ。
生まれてこのかた、ここまで泣き止まなかったことがあるかというぐらい泣きました。最後は力尽きたははが、イスに座って抱っこして、ゆらゆら揺らしまくってやっと寝たという感じ。
熱もないし、吐きそうにもないし、何がどうなってるのか全く分からずじまい。

今度は、朝8時前に起きて本気泣き、、、。ほんとにすごい泣き方でした。

いったいなんなんだー!!!

と思ったら、お菓子をつまんでいるちちの姿を見てますます大泣き。

もしや、、、。と思い、急いで朝ごはんを用意すると、さっきまでの大泣きがうそのようにごきげんに、、、。

単に腹が減ってただけなのねー!!!


びっくり&ほっと一息でした。

新生児のときは、

泣く→おむつ or お腹がすいている

という、常識がありましたが、子どもらしくなってきた今、そんな図式は全く眼中になかったです。

まだまだ、赤ちゃんと子どもの間なのでしょうか。ははも、分かってあげられず反省です。


きゃー、また泣き出したー!!!  今夜もか。

では、切り上げよ。
2010.03.06 病気でも
P1070264.jpg
最近の流行は、お腹に巻くものを頭に巻くこと、、、。

自分から、

ほら、やれ。

と言わんばかりに、腹巻を渡してきます。

P1070238.jpg
るんるん。たのしいなー。

P1070240.jpg
とれたどー。つけて。

病気でも、元気な時はごきげんです。
日に2回の昼寝と昼寝の間の時間が極端に短かったりして、リズムがまだまだ戻らない、、、。




という日を、何日か繰り返し、残るはこうちゃんの下痢だけになりましたー!
毎回ズボンに染みるので早く何とかなってほしいものです。

元気になって少しずつ外出しましょー。(下痢が怖くて外へ出られないはは)

久々更新です。
更新できなかったのは、次があったから、、、。
病気の連鎖です。

嘔吐下痢は前回の記事の後に全快しました。

ところがところが、今度は鼻水がだらーん、、、。
1歳の誕生日前にも、だらーんから始まるひどい風邪にかかって夜中に救急に走りました。なので、たかが鼻水、されど鼻水。早く治してしまわないと、と早くから耳鼻科に行ってましたが、やっぱり風邪をひいてしまいました。

しかも今回は、こうちゃん入院までしてしまいました。気管支炎、気管支喘息発作という病名がついてました。夜間に救急で診てもらい、そのまま入院。土日月の3日間でしたが、こうちゃんにも私、ははにも地獄のような生活でした。夜が、、、。

小児科入院は、どんな状態でもみんな原則として点滴をするらしいです。小さい子は急変することもあるし、体調を自力で安定させるのが難しいからだとかなんとか。
こうちゃんも例にもれず、点滴。小さい手を板と包帯でぐるぐる巻きにされ、自由が利かない左手にイライラ。昼間はどうにかこうにか、いろいろなもので気をまぎらわすことができるけれど、夜はダメ。
毎晩1時間おきぐらいに起きて泣きわめく。抱っこしてベッドの上でうろうろ。手の点滴が気になって気になってしょうがない。ぶんぶん振っても、かみついても取れないそれに、泣く泣く。
ははがそのうち力尽き、抱っこしていられなくなり、寝かすとますます大泣き。当たり前、、、。
最後には、起こして本を読み聞かせ、しばらくたってからまた寝かす、その繰り返し。

1日目の夜は、初めての夜だからしょうがないと諦め、2日目の夜はこんな夜が毎晩続くなんて、ははもこうちゃんも耐えられないと思い、3日目には、せいちゃんもいるし、父親も毎日仕事を休めないので帰らしてくださいと先生に懇願いたしました。

食欲も元気もあることから、家での吸入を条件に3日目には帰ることができました。本当に心から嬉しかったです。(こうちゃんよりもははが、、、)
せいちゃんは、すぐに帰ってくるからと別れたははとこうちゃんに3日も会えなかったけれど、ちちと仲良くやっていたようです。

本当にもう二度と入院することがないよう、願います。願うだけじゃなくて、きちんと予防しなきゃね、父さん。
あと、ははの実家の近くに帰っていたからどうにか乗り越えられたけれど、入院となると手伝ってくれる人がいないと本当にきついと感じました。じいちゃんばあちゃんありがとう。


そんなこんなで今は吸入もしなくてよくなり、やっと二人とも全快です。公園にも遊びに行けるようになりました。
みなさん、ご心配をおかけいたしましたー。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。